精神科病院は儲かる

最近「人気の医者」というのは、薬をよく出してくれる医者なんですね。
しかも、その医者についての情報までWEBでやり取りされている。

で、さらなる大きな問題としてはですね、精神科というのは「用意しなければならない医師・看護職員の数の規定」が他の病院に比べて特別になっているんです。
例えば、「入院患者120人、外来患者10人」の場合、必要な医師の数は一般病院の8人に対して、精神病院は3人で済む。
これは莫大な額の人件費の節約になります。

精神科は儲かるんです。
ものすごく。
イビサクリーム 薬局 市販を取り扱っていなくても。
だから多くの精神科病院は儲けるために運営されているのです。